~ イエスは嵐を静めます ~

聖書箇所 マルコ4:35-41

4:35その日の夕方になって、イエスは、「向こう岸に渡ろう」と弟子たちに言われた。4:36そこで、弟子たちは群衆を後に残し、イエスを舟に乗せたまま漕ぎ出した。ほかの舟も一緒であった。4:37激しい突風が起こり、舟は波をかぶって、水浸しになるほどであった。4:38しかし、イエスは艫の方で枕をして眠っておられた。弟子たちはイエスを起こして、「先生、わたしたちがおぼれてもかまわないのですか」と言った。4:39イエスは起き上がって、風を叱り、湖に、「黙れ。静まれ」と言われた。4:40すると、風はやみ、すっかり凪になった。イエスは言われた。「なぜ怖がるのか。まだ信じないのか。」 4:41弟子たちは非常に恐れて、「いったい、この方はどなたなのだろう。風や湖さえも従うではないか」と互いに言った。

主題:イエスは彼の弟子たちにどのようにして湖の向こう岸に渡るか教えます。

1.1 湖の向こう岸に行く

聖書には弟子たちに湖の向こう岸に行くよう命じるイエスの話があります。湖の向こう岸に渡る舟は他にもありましたが、弟子たちは、イエスの乗る舟に共に乗り込んで、渡ることを決心しました。弟子たちは、イエスが彼らの守り主であり彼の内に救いがあると知っていました。それで向こう岸に渡る時に彼らは共に行動するようにイエスを招きました(35節から37節)。
私たちに対する問いは、「イエス・キリストに従うものとして、私たちが日々の生活の中で、誰と共に旅をするのですか?」ということです。

1.2 招きの声に答え、目を覚まされる。

イエスが舟の中で寝ていると、激しい風が吹き始め、舟を転覆させる程となりました。この時、すべての弟子がイエスの名を叫びました。「先生、私たちがおぼれても構わないのですか」。イエスは寝ているときに彼等の叫びを聞きました。彼は目をさまして、直ちに行動に移りました。我々が聞かされていることは、嵐が静まり、そして舟の中にいる人々は救われたということです(38節から39節)。
ここで私が気になるのは、弟子たちがイエスと共に生き彼の教えを学んだのにもかかわらず、盲目的に従っていたという事実です。
イエスは、私たちに招きの声に聴き、すぐに目を覚まし、行動することを教えて  います。招きに対して行動を怠ることは、私たちの命に係わる重大な問題になる でしょう。

1.3 恐れと不信

40節において、イエスは彼の弟子たちに述べています。「あなたたちはどうししてそんなに恐れているのですか。あなた方は依然として信じていないのですか。」
弟子たちはイエスに従い、そして神の言葉に関するすべての教えを受けましたが、イエスが彼らに命じたことを行う力を受け取るのに失敗しました。この弟子たちは彼等の内に神に対する信頼を確立することに失敗しました。さらに彼ら自身で嵐をコントロールしようと試すことにも失敗しました。その結果おぼれて死ぬのではないかという恐れを持ったのです。この聖書箇所は、イエスに従おうとしていますが、イエスが私たちに命じておられる立場や権威を自分のものとすることに失敗している今日の私たちにも適用できます。クリスチャンは今まで教会において、働いている場所において、そして私たちが生きている地域社会において自分に対して疑念を持つことや恐れが原因で権威を受け入れることに失敗してきました。人が恐れに捕えられた瞬間、その心は私たちに与えられている権威を受け入れることに失敗します。

1.4 恐れでイエスを忘れる

41節において、私たちは弟子たちが恐れて、互いに「この方は誰ですか、風や波さえも彼に従うとは」と尋ねていました。
この節は、私たちにすべての弟子がイエスを知らなかった、しかもいつも彼は  彼等と共に居たにも関わらず、イエスが誰なのかを知らなかったという事を明確に教えてくれています。彼らはイエスが彼らの救い主であることを知らず、いかなる力を持っているかを知らず、イエスを彼らの舟に招き入れました。同様にクリスチャンとして私たちはイエスが持っている力を見ていません。私たちは、私たちのために、十字架に釘で打ち付けられ、死に、三日後にその死より復活し、そして天に上られた方を指し示しながら「このイエスという者は何者だ」と尋ね続けて います。ただ一人、父なる神の右手に座わられている方です。

2.0 私の個人的な証

2011年11月、私はマラウイのカムズ中央病院に入院しました。午前1時ごろ、 私と妻のアイリーンはグッスリ寝込んでいました。寝ていると夢で雲の上の中から人の顔が見え、私の名を呼んでいました。「バンダ、バンダ、すぐに起きてください。あなたはすぐに呼吸が止まり、死ぬことになります。自分を救うために何かをしなさい」。この言葉が繰り返されました。私は直ちに目を覚ましました。私は、それはよくある普通の夢ではないかと思いました。何が起ころうとしているか気が付く前に、私はすぐに酸素の不足を感じました。その時、私は妻のことを考え、彼女に直ちに助けを求めました。彼女が目を覚ました時、私はどのような警告を受けたのか、どんな状況にあったのかを彼女に説明しました。彼女は状況を理解できませんでした。そしてどのような状況下にあったかを説明している時、私が苦しんでいると思いました。その時私は酸素の不足で崩れ落ちました。アイリーンは恐れ、医療看護師でもあった彼女は直ちに医務室に駆け込み助けを求めました。医師が即座に私のベッドにやって来て、すぐに私には人工酸素が必要だと確認しました。私にとって幸いなことは、医師が未使用の最後の1台の酸素装置を見つけたことです。意識のない私はそれに繋がれました。通常酸素機器はこの病院では需要が高く、したがって足らない状態でした。この時間だけ神様は私のためにひとつ用意しておいてくださいました。私は完全に回復し独力で適切に呼吸ができると確認されまで約12時間酸素の供給を受けました。今日、私は皆さんと共に東京にいます。主を褒め称えることは避けることなど出来ないこと、また驚くべきことではありませんか。

2.1キリストにある兄弟および姉妹に、私は多くの質問があります:

  • 36節において、もし弟子たちがイエスを伴わないで舟に乗ったとしたら、彼等は誰に助けを求めたでしょうか。もし、私が病院で妻と共に居なかったならば、誰に助けを求めることが出来たでしょうか。
  • 37節において、もし弟子の叫びが船尾に居て、激しい嵐の間クッションでぐっすり寝ているイエスに届かなかったならば、どうでしょう。同様に、  病院のベッドの上にいた私に雲から来たメッセージがなかったら、どうしたでしょう。神様の言葉は多くの方法で私たちに来ます。たとえば教会で、  聖書を読むことによってなど。
  • 38節において、もしイエスが彼らの叫びを聞いた後に起きなかったらどうでしょう。私の妻はどうだったでしょうか。もし彼女が深い眠りについてしまっていたら。
  • 39節、私たちがそのようなメッセージを受けた時、何をしますか。イエスも私の妻も起き上がり、助けを呼ぶ声に行動を起こしました。イエスは私たちが疑問を投げ返る前に行動を起こすよう教えています。私たちは生きておられる神の一人子イエスに従うよう招かれたとき何をしますか。
  • 40節、嵐が静まった時、イエスは弟子たちの内に何かを見出しました。彼らは恐れ、そして彼らの内に信仰がないことを見出しました。私たちが救いを受けた時どのような行いをするでしょうか。あるいは私の回復のために私の妻や医者はどのような対応をしたでしょうか。思い起こしてください。医者は治療をしましたが、イエスは癒しを与えました。この事をご存知でしたか。
  • 41節、聖書は私たちに述べています。彼らは大きな恐怖に包まれて、互いに言った。「風や湖までが言うことをきくとは、いったいこの方はどういう方なのだろう。」驚くべきことに、嵐から救われた直後この弟子たちはイエスが贖い主であり、救い主であり、神の子供であることをまるで忘れていました。ヨハネ3章16節にそれは書かれています。「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」

3.0 深い眠りの結果

上の記載と証より、もしイエスが人々の叫びを聞くことが無ければ、そして舟の船尾で継続的に寝ていたとしたら、弟子たち全員が亡くなっていたのは明らかです。同様に寝ている最中に雲から呼びかける声を聴いて応答していなかったならば私は就寝中に死んでいたでしょう。
キリストにある兄弟、姉妹の方々へ、ある出来事をあなたに紹介させてください。それはかつて6人の北朝鮮軍高官の内の一人の処刑に関して報告されたものです。処刑された理由は、国の国家元首の議長が議事を進める会議の最中に居眠りをしていたからです。彼はその総書記に対して不従順を示したと考えられました。現代の私たち間で、また私たちの社会の態勢の中でそのようなことが起こっています。
神様の御国に私たちが入る前に、もし神様の戒めに対して私たちが目を覚ましていることが出来ないとしたら、神様はそれ以上の対応をなされるのではないでしょうか。今、私たちは聞く耳を開く時であり、目を覚ます時であり、自分自身が神の国に入るために行動するときであります。
主の御恵みが豊かに皆様にありますように。
アーメン