外国人収容所訪問ミニストリー

外国人収容所訪問ミニストリーは入国管理局の外国人収容所を訪問し、収容されている人たちに面会し、話しを聞きながら聖書の御言葉を伝えるミニストリーです。

外国人収容所は、刑務所ではありません。そこに収容されている人たちは、主にビザを持たずに日本に入国しようとした人、ビザ切れの人、難民申請中の人などです。

ただし、外国人収容所の収容環境は刑務所と非常に似ています。被収容者の外部との接触は非常に限られており、その収容期間も長期に渡る人が多いです。不安や孤独によって自殺を試みる人たちもいます。

私たちは、平日の面会時間に被収容者と面会室でお会いし、日用品や聖書やその他書籍などの差し入れを行なっています。また、仮放免になった人たちのサポートも行なっています。

>> アレックス・イーズリーの活動(ジャパンタイムズ記事)